Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
冷え性

【アラフォー女性向け】冷えは足からやってくる!? 冷え性を軽減する3つのポイント

冷えは脚からやってくる!?

冷え性にならないための3つのポイント

C:\Users\masato\すみよ\file\sotomawari_samui_woman.png

夏でも手足が冷える。

冬にいたっては氷のようで、辛いなんてものじゃない。

そんな「冷え性」に悩まされている方、いらっしゃいませんか?

冷えは主に脚からやってきます。

心臓から最も遠い場所である足先はもちろん、

足首からふとももまでにかけての血液は、流れがとどこおりやすいもの。

この部分の循環が上手くいけば、

その他の場所、例えば上半身の冷えも、自然と緩和されていくはず。

高校の時から、10年近くも冷え性に悩まされた私が教えちゃいます!

脚を健康にして、冷え症を改善する3つの方法!

冷え性に悩むあなた、ぜひ一緒にためしてみませんか?

まずは脚を温める

C:\Users\masato\すみよ\file\fuyu_atataka.png

最初のポイントは「脚を温める」ことです。

冷えているのですから、当たり前か。

でも、意外と冷え性でも、脚を冷やしやすい格好をしていることって多いのです。

特に女性はスカートも穿くので、冷えやすい。

夏場は、素足にサンダルだけというスタイルも、街中ではよく見かけます。

そのせいか、冷え性に悩まさているのは、女性が圧倒的に多い。

かくいう私も高校生の頃、制服のスカートは膝より上でした。

ちょうどミニスカートにルーズソックスが流行っていた時。

毎日毎日、脚をがんがんに冷やしていましたねえ…。

若気の至りか。

しかし、出来ればあのころの私に言いたい!!

「脚、大事!!隠して、隠して!!」

 

そんなにいつもいつも生脚さらすことはないんです!

流行に惑わされるな!タイツだって可愛いよ!

 

寒い冬、コートやジャンパーなどは気軽にはおります。

でも、脚って、考えてみると上から着こむもの、なかったんですよね。

ストッキングや靴下、せいぜい厚手のタイツくらい。

そりゃあ冷えるわけです。

社会人になって、通勤スタイルはストッキングにパンプスがほとんど。

相変わらずの冷えに優しい恰好…。

朝、夕の冷えが、脚から直接身体にジンジンしみました。

思い出すだけでブルっときます!

しかも、最近では男性にも冷え性気味な方がいらっしゃるとか!

これは大変な問題です!

冷えは万病の元。

身体が冷えているというのは、血の巡りも悪く、抵抗力も衰えてくるということ。

冷えを改善することは、健康な身体づくりのための基本なのです。

そこで、まずは冷えてしまった脚を物理的に温めていきましょう!

まずは外側から温める!

冷え性の場合、1度完全に冷えるとなかなか熱が戻らないんですよね…。

出来れば冷える前に、保温を心がけて。

最近では、需要もあってか、ヒートテックやあったか素材の靴下などを良く見かけます。

オシャレも必要だけど、こうしたものを活用して、熱を逃がさないことも大切!

「あったかくておしゃれな商品もたくさん出てますよ~!」

どうしても難しい場合は、ひざ掛けなどを持参する。

大切な場面以外でだけ、使えばいいじゃないですか。

いざという時に、脚が冷えすぎて上手く歩けなくなったら大変ですよ!

普段の服装で私が重宝しているのは、レッグウォーマーです。

シンプルな色のものを幾つか持っていて、その日の服装によって選びます。

脚の上着のようなものですね。

簡単に脱ぎ着ができるので、とっても便利。

これらの防寒グッズは、年々オシャレで使いやすいものが発売されています。

やっぱり冷え性に悩む人は多いんですねえ。

世の中が冷えに優しくなっていくのはよいことです…。

身体と共に、心もポカポカしますねえ。

楽しみながら冷えを克服出来るよう、

自分に合ったスタイルを探してみましょう。

オシャレとの共存は、女子にとっては譲れない問題ですものね!

次は中から温める

外側からの冷え対策をしたならば…

「次は中からです!

気合い入れていきましょう!!」

…と、なんでこんなに気合が入っているのかというと…、

中から温めることに無頓着な人があまりに多いから!

特に昔の私とか!!

寒い寒い~って家に帰ってきて、ストーブにあたりながら冷たいビールを…。

「って!!」!

「何やってるの、私!!!」

「温めたいの、冷やしたいの!?」

 

と、今の私ならすかさず突っ込みますね…。

そりゃあね、渇いた喉に冷たいビール

(あ、別にビールじゃなくてもいいんですけどね!)、

最高ですよ、美味しいですよ。

でも、「冷え」って視点から考えたら…。

完全にNG。

実は冷えって外側からよりも、身体の内側からの方が影響を受けやすいんです。

雪山なんかで遭難してしまった時、凍えて凍死してしまう。

そんなケースありますよね?

まあ、普段の生活で凍死することはそうそうないでしょうが(笑)。

身体が冷えてしまうと、身体の機能が停止してしまうわけです。

つまり死に至る。

普段あまり意識をすることもないでしょうが、

身体の内側ってとっても温かい。

良く考えるとすごいですよね。

身体自身がホッカイロのように、自ら熱を作り出しているんですから。

冷えないためには、この自分が持つ発熱パワーを

最大限に発揮すれば良いわけで。

内側からの熱を妨げないことが大切なのです。

「それなのに冷たいビール…。

冷えた身体に追い打ち…。

ストーブにあたっている意味なし…。」

あ、もう1度言いますが、別にビールじゃなくてもいいんです(笑)!

せっかく身体は外からの冷えに負けないよう、

一生懸命熱を作り出してくれているのに。

そこに冷たいものを送り込んでしまっては、台無しです。

身体に対するいじめか。

身体の外からだけでなく、中からも温めてあげないと、

冷え性の根本的な解決にはならないのです。

そこで、簡単に出来る内側からの温め方法!

「お湯を飲む」

わー、簡単!!

あったかいものを飲めば、身体の中がポカポカに。

お湯でなくても温かい飲み物ならなんでもいいですよ。

ちなみに私は白湯が大好き。

家ではもっぱら白湯です。

慣れると美味しいですよ。

ビールが飲みたい気持ちも分かります!

疲れた身体に、あの至福のひととき…、最高ですよね。

飲むなとは言いません!

「でも、飲むタイミングをきちんと選んで!」

 

身体が冷え切っているならばまずは温めましょうよ。

少し身体が落ち着いた所で、お楽しみの一杯!

きちんと身体の発熱機能が働いていれば、

多少冷たいものを飲んでも大丈夫です。

欲を言えば、冷たいものは出来るだけ昼間にとりたいですね。

昼ならば身体が活動的な分、多少の冷えも吹き飛ばしてくれます。

夜にどうしても、という場合は、せめて寝る直前は避けましょう。

良質な睡眠のためには、身体もその準備をしておく必要があります。

冷たいものを飲んでしまっても、寝るまでにもう1度、

身体を温められるだけの時間を確保しましょう。

ちなみに、寝る前と起き抜けに私が飲むのは、やっぱり「白湯」です!

身体も温まるし、余計なものが入ってない分、

何だか身体が内側から洗われていくような感じになるんですよね~。

 

身体の中までお風呂に浸かっているような…。

慣れない人には不評ですが(笑)

私も最初は煮出した麦茶でした。

なんにせよ、外からだけでなく、身体の中からも温める!

脚に限らず身体全体に対してのことですが、これは外せません。

私の冷え対策の中でも、1番とも言えるほど重要視しているポイントです。

脚を動かせば血が巡る!

C:\Users\masato\すみよ\file\walking_woman.png

脚が冷えやすいのは、立った状態の時に、心臓よりも下にあるから。

これも1つの原因です。

重力の関係で、物質は全て上から下へと流れるように出来ています。

身体の中を流れている血液も同じこと。

下に落ちるのは簡単でも、上に送り出すのは大変というわけですね。

何でも下にたまりやすくなってしまう。

特に血液を送るためのポンプ、つまり心臓が上にあるわけですから、

その力も届きにくい。

冷え性と共に、女性の悩みの上位に並ぶ

「脚のむくみ」なんかもこれが原因ですね。

なんとか下にたまりがちな血液を上に押し上げたい。

そんな時に有効なのが「脚を動かす」ということなんです!

単純だけれども、即効果が現れますよ!

さっきも言いましたが、血液を送り出すのは心臓の役目です。

でも、下にたまった血液を動かすのに、心臓だけでは大変、大変。

だから、別のポンプを用意してあげるんです。

脚に無数にある血管。

その周りの筋肉を動かしてあげれば、自然と血管も収縮を繰り返し、

その力で血液を押し出すことが出来ます。

ちょうどマヨネーズのチューブを絞ってあげるような感じですね。

下にたまったマヨネーズも、外からギュッと絞ってあげれば上に上がりますよね。

例えば仕事でデスクワーク中、

「は!!!」

 

と気が付いた時に脚を上下させてあげて下さい。

そして、また数10分経過して…、

「は!!!」

 

と脚の上下運動。

大体昼間の私はこんな感じです。

ちょっと怪しいですけれど。

でも、この気が付いた時にちょっと動かす、というのが大切。

「ちりも積もればやまとなるんです!」

いつも気をつけていれば、ちょっとずつちょっとずつ、身体に良い変化が出てきます。

その他に有効なのは、ウォーキングやジョギングといった、まさに脚を動かす運動。

こちらに関しては…、私はまだまだ…。

でも!お休みの日に天気が良い日を選んで、ウォーキングを楽しんだりもしています!

 

 

…これからもっとがんばります…。

 

とはいえ、順調に少しずつ改善されていることは確か!

10年以上も悩まされていた冷え性なんですから、一朝一夕で治るとは思っていません。

これからもばっちり「冷え性対策」、続けていきますよ~!

まとめ

  1. 脚を冷やさない!まずは外から温めよう。
  2. 身体の中から温めて、全身をポカポカに。
  3. 脚のポンプを使って、血を全身に送り出そう!

冷え性と脚との関係性をまとめると、以上のようになります。

まだまだ改善途中の私ですが、ここ数年で以前とは比べ物にならないぐらいに

冷え性が改善されています。

今後もマイペースでがんばっていきますよ!!

ずっと冷え性に悩まされていて、もう方法なんてないんじゃあ…と悩んでいたあなた!

変化はゆっくりでも、きっと体質は変わることが出来るはず。

 

ずっと苦しんできた症状なのですから、改善もあせらずゆっくりいきましょう。

一緒にがんばってくれるお仲間が増えてくれれば、私ももっとがんばれそうです!

何となく不調を感じるなら、WHOの薬用植物辞典にも掲載され、今最も大注目のハーブセンシニティカプセルをおすすめします。