冷え性によって胃痛は起こる?

慢性化する前に、冷えを治すポイントとは?

C:\Users\masato\すみよ\曽我さま\イラストや\body_i_bad.png

冷えることで身体のあちこちに痛みが…、ということは前にもお話しました。

その中でも、特に「胃」は、痛みを感じやすい部位でもあります。

今回は冷え性と胃の痛みの関係性について考えていきます。

「胃痛」って辛いですよね…。

胃だけでなく、腸も含めてのお腹全般。

なぜか他の部分よりも身体の調子に大きく左右されるように思えます。

「胃の痛みが慢性化してしまうと、

胃潰瘍などの大きな病気に発展してしまう恐れが!」

冷えを改善することで、こうした病気を遠ざけることが出来るかもしれません!

冷えることでなぜ痛みを感じるのか?

C:\Users\masato\すみよ\曽我さま\イラストや\virus_fukutsuu.png

そもそも、なぜ冷えると痛みを感じるのでしょうか?

冷え性と痛みの関係でも述べましたが、

大きな原因としては、冷えることで起こる血行不良と考えられます。

 

血の巡りが悪くなれば、末端の細かな毛細血管まで十分に血が届きません。

そうなると、そこに痺れや痛みを感じてしまうわけです。

そして、内臓器官の場合、血行不良によって

内臓そのものの働きが弱まってしまうことも考えられます。

胃腸も例外ではなく、冷えることで消化吸収が悪くなってしまうのですね。

寒いときって、無駄に熱量を放出しないように、身体は自然と縮こまりますよね?

内臓も例外ではないわけです!

「寒いし、じっとしていよう!」と、考えちゃうわけですね!

すると、何とか消化をしようと胃酸が多く出過ぎてしまうわけです。

多すぎる胃酸は胃自体を傷つけることになります。

そこから痛みが…。

冷え性の人は、いつもこうした不安を抱えているというわけです。

「いつ痛みが発生するか分からない!それが冷え性!」

胃に限らず、痛みを感じる時、その部分を温めることってありますよね。

マッサージや温湿布などなど…。

温めることで、血行が良くなって、痛みを遠ざけることが出来ます。

普段から身体の内側を温めるべく、努力は必要ですが、

急な痛みの場合は外側からも温めてあげましょう。

ちょっと不恰好かもしれませんが、腹巻きなんかがオススメですよ!

お腹は温かくないと働かない!

物を食べると、胃はそれらを消化吸収しようと働きます。

胃の血行不良によって消化吸収が上手くいかないというのなら、

胃が働くために最適な温度とはどのくらいなのでしょうか?

胃は身体の中でも熱量を発しやすい場所です。

食事は生きていく上で欠かせないものですし、

ほとんどの人が毎日何かしら、口にしているはず…。

胃は毎日休みなく働く、働き者の臓器なのです。

そして、そんな胃が働くために最適な温度とは…。

 

だいたい37°台!

消化吸収のためには、胃の中で食べたものをドロドロに溶かす必要があります。

お腹の中で、もう一度全体が混ざるように調理をしているようなもの!

ですから、温かい方が溶けやすく、混ざりやすいんですね。

冷え性でもともと体温が低めの人にとっては、ちょっと難しい数字かもしれません。

私の現在の平熱は36.5°ですが、2年前までの平熱はなんと35.4°!!

かなり…、低かったです…!!

「これじゃあ消化するのも大変、大変…。私の胃は、がんばってなんとか消化をしようとして!

ついには自分自身を火傷させてしまっていたわけですね…!」

 

身体が冷えている分、足りない熱を補おうとして、

余計な負担をかけてしまっていたわけです。

「ごめんね、私の身体…!」

お腹に限らず、身体の中にある臓器のほとんどは、

低い体温だと上手く働いてくれません。

ですから、冷え性の人はそれだけいろんな部位に負荷がかかってしまう!

自分の身体ですから、守ってあげられるのも自分自身!

身体が求める快適な環境を整えてあげれば、痛みを感じることも少なくなるはずです。

お腹を冷やさないポイント

 

C:\Users\masato\すみよ\曽我さま\イラストや\dink_koorimizu.png

それでは、実際にお腹を冷やさないためにはどんな方法が効果的なのか?

普段から気をつけていかなければ、なかなか改善されません。

「冷え性の改善は、続けていくことが大切!」

ちょっとしたことでも良いので、

少しずつお腹を冷やしてしまうであろう習慣を見直していきましょう。

急激に生活習慣を変えて、3日坊主にならないように!

まずは、最も効果的な方法!

「胃を冷やしてしまう、冷たすぎるものは避けましょう!」

冷たいものを食べれば、胃の中も冷えるのは当然ですよね。

1度冷やしたものを再度温めるのには、とっても大変!

1番簡単なのは最初から冷やさないようにすること。

温かいものを食べるのが楽なんです。

そうはいっても、真夏に熱―い鍋焼きうどんばかり食べるのも…。

ですので、まずは夜だけでも冷たいものは避けて!

昼間の活動的な時間よりも、夜の方がダイレクトに影響を受けてしまいます。

最初は氷の入ったものを避ける。

慣れてきたら冷蔵庫から出したばかりのものは避けて、

出来るだけ常温のものを口にするように。

最近では、自動販売機やコンビニでも、常温の飲み物が販売されていますよね。

「急な変化だと失敗する可能性が大きい!」と考えた私が取った方法です。

(ダイエットなど、今までの経験上、思い付きでやっても長続きしないかと…。)

「ゆっくり身体を慣らして行く方法!

習慣にしてしまえば、精神的な負担を感じなくてすみます!」

また、お腹周りを冷やさないために、外からの冷気を寄せつけないこともオススメ。

急な痛みの場合の対処法として、腹巻きを例にあげましたが、

私は寝る時に、たいてい腹巻きをしています!

 

眠る時に最も体温は高くなり、身体が温まることで

きちんと各器官も休まります。

多少昼間の時間、胃に負担がかかったとしても、

夜にきちんと休息をとれば自然に治癒されます。

「その日の負担はその日のうちに!」

ここでも、毎日の積み重ねは大切になりますね~。

疲れや負担が溜まってしまえば、いつか大きな病気になる可能性が…。

慢性的な症状になる前に、しっかり予防対策をしていきましょう!

まとめ

  1. 冷えると痛む原因を知れば、冷やす習慣に抵抗が…。
  2. 胃が正常に働けるよう、痛みを感じることのないよう、適切な体温に気をつけよう!
  3. お腹を冷やさない簡単な方法を紹介!習慣を味方につける!

冷え性と胃の痛みについて、以上がまとめになります。

胃の痛みは地味に辛いもの。

その反面、意外と軽く考えてしまいがちでもあります。

慢性的な症状となってしまう前に、冷え性を改善しつつ胃の痛みも無くす!

長く続けることの出来る習慣で、冷え性と痛みを同時に改善!

一時的なものではなく、身体にしっかりと根付く改善策がとれますように!

コメントを残す