Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
冷え性

【アラフォー女性向け】冷え性にまだまだ発見されていない冷え性があった。実際に確かめてみた

冷え性ってどんなもの??

 

原因を探れば冷えを撃退するのも夢じゃない!!

夏なのに手足だけが冷たい、冬にいたっては氷のよう!なんてことはありませんか?

「冷え性」は今や多くの人が悩む困った症状!

冷え性って体質なのでしょうか??

改善することって不可能なのでしょうか??

 

原因を探れば解決策が見えてくる

 

今こうして冷え性について偉そうに語っていますが、

私も少し前までは重度の冷え症でした。

高校生ぐらいから寒がりではあったものの、

はっきりと自覚したのは社会人になる頃です。

 

職場は私にとって地獄でした…、ええ…。

夏場はもちろん、冬はもう、寒くて寒くて…。手足がしびれていく。

麻酔にかかったように、手足を使っている感覚がないんです!

ちょっとしたホラーですね。

 

夏なんて、クーラーが効いていなくても手足だけはキーンと冷たい!

氷みたい!

よく色々な人と握手をして、ビックリされました(笑)

なんでかちょっと自慢げに「冷え性なんですよ~」と言ったりして…。

 

でもでも、笑いごとじゃあないんですよ!!

私にとっては深刻な問題です!!

1度冷えるともうダメで、とにかく冷たい、感覚がない。

寝る時も足が冷たくて冷たくて、なかなか眠れなかったり。

毎日が辛かった…。

 

それでも若いうちは冷えを軽く見ていました。

忙しさにかまけて、真剣に改善しようとせず、

なんとなく毎日を過ごしていました。

 

「冷え性なのは体質だからしょうがない」と

あきらめてしまっていた部分もあります。

冷えることに慣れてしまっていましたしねえ…。

ところが!!

年を重ねるごとに、冷えからくる身体への負担は相当なものとなっていったのです!

どんどん症状が重くなっていく冷え性…。

だましだまし過ごしながらも、これはヤバイ!!と自分でも感じていました。

 

そして、ある日風邪をひいた時のことです。

 

『ぜんっぜん、治らない…。』

 

 

いつもなら1日ゆっくり寝て、

おかゆを食べて、

薬をちゃんと飲んで…。

 

それで治るはずなんです。

でも、治らない…。

熱が全く下がらない!!

 

もちろん会社も休みました。

上司には「まだ治らないの??」とのお言葉…。

きつかったです。

 

『私だって好きで熱があるわけじゃない~!!』

 

 

 

って大声で叫びたい気持ちでした!!

 

まあ、実際は熱でフラフラしていて、そんな気力もなかったわけですが…。

 

お医者様にも、「なんで治らないんだろうねえ?」と匙を投げられる私。

 

『ええええ、どうしたらいいの!?』

『私の身体、どうなっちゃったの??』

 

 

結局1週間熱に悩まされました。

なんとか治ったものの、原因も分からない、

あんな熱が今後も続くかと思うと…。

違う意味で背筋が冷えます!!

 

そこで考えました。

何か原因があるはず…、私の身体で異常と思えることと言ったら…、

 

やっぱり「冷え性」!! それしかない!!

 

慌てて調べてみると、いやあ、当てはまる当てはまる、私の生活。

そりゃあ冷えますよ、と自分で1人つっこみを入れる始末。

 

1番大きな原因は「血の巡りが悪い」

 

ということ!

 

色々な要因が合わさった結果、

身体の中の血液が上手く循環せずに身体が冷えてしまうらしいのです。

要因は様々。

ストレスや寝不足、食べ過ぎや運動不足などなど…。

…まあ、大抵当てはまりましたけれども。

 

でも!これを放っておいては今までと同じこと!

それならば、その要因を1つ1つ取り除いてあげればいいわけです!

時間はかかっても、体質改善は不可能ではない!!

 

というわけで、一念発起、がんばってみることにしました!

体質ではなく、身体が冷えてしまうことには必ず原因があるはずです!

たかが冷えと侮っていては、私のようにいつか大変なことになりかねません。

自分の冷えの原因を探って、私と一緒に症状を改善していきませんか?

 

自律神経の乱れ?

 

自律神経とは、自分の意思と関係なく、自ら判断して動いてくれる神経です。

身体の臓器や、各器官の調整をしてくれる優秀な神経!

この神経があるために、私たちは特に何も考えなくても呼吸が出来ますし、

心臓も問題なく動いてくれるというわけです。

 

しかし、この自律神経、とてもデリケートなため、

ちょっとしたことですぐにバランスが狂ってしまうのです。

 

生活習慣の乱れや、ストレスなどにも大きな影響を受けます。

自律神経が乱れてしまうと、各器官の調整が上手くいかずに、

血液の流れも悪くなってしまうというわけです。

 

 

生活習慣…乱れていましたね…。

だって忙しいんですもの…。

食事の時間もバラバラだし、日々ストレスにまみれていたし…。

 

上手くストレス解消してあげればよかったんでしょうが、

そんな余裕もなかったですね…と遠い目。

唯一、『甘いお菓子を食べて気分転換♡』くらいでしょうか。

食事は適当で、スイーツって…。余計身体に悪い!

 

あなたも自律神経が乱れるような生活を送ってはいませんか?

特にストレス社会ともなっている最近では、

自律神経失調症と診断される方も珍しくはありません。

冷えの原因はここにあるかもしれません!

 

睡眠不足?

 

睡眠は身体や神経、脳を休めてくれる大切な行為です。

睡眠不足の日々が続いてしまっては、

各臓器にも疲れがたまり、上手く働かなくなってしまいます。

冷えに対しても、睡眠で身体を休めることは重要なのです!

 

起きた時に頭がボーっとするのは、よく眠れていない証拠。

睡眠不足のせいで、脳に血液が上手く巡っていないということですね。

 

疲れているのに、眠たいのに、なかなか寝付けない。

やっと眠れても、夜中にちょこちょこと目が覚めてしまう。

その結果、朝が辛い。

悪循環ですね~。

 

さらに、朝がそんな状態では、食欲もなかったりします。

朝食を食べないでいると、血の巡りはさらに悪く…。

もうどこから改善したら良いのかわかりません!

 

私のようになる前に、何とかしましょう。

出来るだけ、毎日安定した睡眠時間と、

良質な睡眠を確保してあげたいものですね。

 

筋肉量が少ない

 

筋肉は身体の熱量、つまりエネルギーを作り出してくれます。

ですので、基本的な筋肉量が少なければ少ないほど、

身体は冷えやすくなってしまうということですね。

 

男性より女性に冷え症が多いのもこのためです。

女性の方がもともと筋肉量は少なく出来ていますから…。

 

でも、筋肉ムキムキになる必要はありません(笑)。

どちらかというと大切なのは見えない部分、身体の奥深くに存在する深層筋です。

運動が得意でない私でも、毎日のちょっとしたトレーニング…

とも言えない程度の行動でこの深層筋を鍛えることが出来ています。

 

1日5分で良いので、筋肉を発達させるための時間を取ってみましょう。

少しのトレーニングで、新陳代謝は驚くほどに違ってきます!

 

 

どうしても時間が取れない時には、仕事中正しい姿勢を常にキープする。

これだけでもびっくりするぐらいの効果がありますよ!

今ではすっかり姿勢が良くなった私ですが、最初はこれだけで筋肉痛になりました。

 

深層筋、あなどれん…。

 

まだまだ冷え性の原因はあると思いますが、今日はこれまで。

これからもどんどん気が付いたことを書いていこうと思います。

私の体験が、少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです!

まとめ

 

1.冷え性には必ず原因があるはず!自分の冷えの原因を探ろう!

2.血行が悪い原因を考える。

3.生活習慣の乱れや、ストレスの多い生活ではないですか?

4.睡眠をしっかりと!

5.身体の奥深くの筋肉を鍛えましょう!

 

以上が、冷え性を改善するための注意点となります。

冷えは原因を1つ1つ潰していけば、必ず良くなります!

あんなに冷え性だった私でも、克服することが出来たのですから絶対です!!

 

冷えがなくなれば、身体も健康に、そして美容にも確実に効果があります!

(肌の調子が以前とは全く違いますから!!)

冷え性を克服して、私のようにポカポカ快適な身体を手に入れましょう!

何となく不調を感じるなら、WHOの薬用植物辞典にも掲載され、今最も大注目のハーブセンシニティカプセルをおすすめします。