冷え性

【アラフォー女性向け】冷え性で更年期が辛くなる!? 今から予防して、更年期を乗り切ろう!


冷え性で更年期が辛くなる!?

今から予防して、更年期を乗り切ろう!

C:\Users\masato\すみよ\file\イラストや\kounenki_woman.png

「更年期」。誰にでも、いずれ必ずやってくるこの時期は、

特に女性にとって気になるものです。

更年期症状というと、頭痛、身体の火照り、理由のないイライラなど、

多くの不快症状が知られていますよね。

「そんな更年期症状が、冷え性の人にとってはより深刻な問題に!」

もともと冷え症のお悩みを持っている多くの人達が、

更年期になって不快症状に苦しめられるというのです。

更年期と冷え性とで、どんな関係があるのか?

冷えを改善することで、更年期症状にどのような変化が現れうるのか?

今からでも、冷え体質を見直し、未来の更年期に備えましょう!

更年期症状はなぜ現れるの?

C:\Users\masato\すみよ\file\イラストや\pyoko2-1_idea.png

更年期というのは、女性ホルモンが衰えだす閉経の前後、

10年間程度の時期を指します。

この時期、年齢と共に卵巣の機能が衰え始めます。

それに伴って、女性ホルモンのバランスも乱れやすく!

女性ホルモンが乱れることで、身体に様々な不調が現れてきてしまいます。

これがいわゆる更年期障害というもので、

個人差はあるものの、多くの女性にとって悩みの種!

というのも、自律神経はその名の通り自分で判断してくれる神経!

「こちらの意思とは無関係に、神経が勝手に働いてくれる!」

有能な制御システムが、人間の身体にもともと備わっているようなものですね。

でも、有能がゆえに、それが壊れてしまった時は大変!

なんとか治さないことには、これまで意識しなくても簡単に出来ていたことが、

途端に出来なくなってしまうわけですから…。

「なんとか、壊れませんように!!」

そう願うものの、冷え性の身体のままでは、

その願いもなかなか届きません!

 

更年期もつまりはそういうことです。

加齢とともに女性ホルモンの力が衰えるのはしょうがないもの。

とはいえ、努力によっては、

その狂いを最小限にとどめることも出来ます。

女性ホルモンが働きやすいよう、

普段から身体の調子を整えてあげましょう。

そうすることで、いざ更年期になったときも、

大きな狂いが生じることはありません。

「まだまだ先のこと~」、と軽く考えず、

今から準備しておくことがオススメですよ。

更年期症状と冷え性は似ている?

C:\Users\masato\すみよ\file\イラストや\family_kyoudai.png

さて、更年期の不快症状の原因が、女性ホルモンの狂いにあるということ。

これは前章で述べましたが、冷え性も同じく、女性ホルモンを狂わせてしまうのです。

身体が冷えることで、自律神経が狂ってしまうことが多々あります。

冷え性がひどくなると、手や足の先だけでなく、

身体全体の血行が悪くなってしまいます。

そうなると、身体の各器官や、臓器にも血が十分に行き届かず、

正常に働くことが出来なくなる場合も出てきます。

自律神経が正常に機能するためには、

そこに十分な血液が流れる必要があります。

「ですので、冷え性を放っておくと、自律神経のコントロールが、

どんどんと悪い方向へ…!!」

 

全自動の優秀な機械でも、メンテナンスを怠れば、

当然調子が悪くなります!

「せっかくの優秀さを、狂わせてしまっては勿体ない!」

きちんと作動するように、

普段からのメンテナンスが大切なんですね。

こんなふうに、更年期症状が現れる仕組みと、

冷え性からの身体症状はとっても似ています。

どちらも、女性ホルモン、自律神経の乱れが原因。

「どちらかに注意すれば、もう一方にも影響を与えることに!」

逆に、悪くなる時は相乗効果で

よりいっそう悪くなることも考えられます。

もともと冷え症の人は、悪くなる土台が出来上がってしまっているため、

普通よりも早く更年期症状が現れる可能性も…。

30代で更年期障害に悩まされる、若年性更年期障害というものもあります。

「まだ30代で! 更年期症状が出るなんて!! 嫌だ!!!」

というわけで、私もよりいっそう冷え性対策に気合が入ったものです…。

冷え性の身体は、更年期の症状を受けやすい!

少しでも更年期症状が現れる時期を遅く、

また、症状を緩和させるべく、

今からじっくり冷え対策に励んでいきましょう!

何となく不調を感じるなら、WHOの薬用植物辞典にも掲載され、今最も大注目のハーブセンシニティカプセルをおすすめします。

ストレスを減らして、冷えと更年期の症状を緩和

更年期の症状緩和のためにも、

冷えた身体をなんとかしなければいけません。

つまり、冷え性対策をがんばれば、

自然と更年期障害対策にもなるというわけ!

いろいろと対策法はあるものの、ここでオススメしたいのは

「リラックス」です!!

ストレスを吹き飛ばせ!!

 

物理的に身体を温めることも、もちろん大切なのですが、

心のモヤモヤを無くして、

神経を安定させる訓練を行うことは、とても重要です。

特に、更年期障害は、自律神経の乱れによって起こるもの。

物理的な対処法よりも、自分の心の中、

精神的な部分を強くしていく方が、効果が上がる可能性が高く!

冷え性にとっても、出来るだけストレスを溜めこまないようにするのは重要なこと。

特に精神的な部分は、対策を始めてから効果が

出るまでに時間がかかる場合もあります。

なるべく早いうちから対策をすると良いかも…。

自分なりのリラックス方法を幾つか分かっていれば、

それだけで、「何かあっても大丈夫!」という、

心の安心にもつながります。

私も、ストレス解消法は幾つか持っていて、

「何かあった時はコレ!」と決めています。

例えば仕事で嫌なことがあった時、決まって聴くお気に入りの曲があります。

そして、必ずお気に入りの温かいフルーツ紅茶に、

ハチミツを垂らして飲みます。

これをやれば大丈夫!という自己暗示にもなります。

人間の思い込みの能力を、うまい具合に使って…!

気持ちの切り替えスイッチが入り、なかなか良いですよ。

もちろん身体を温める、物理的な対策もしつつ…。

更年期対策のためにも、冷え性はゆっくり

確実に改善していきたいですね。

まとめ

  1. 更年期障害の原因を探り、何に気をつけるべきか考えよう!
  2. 冷え性と更年期障害には共通点が!冷えの改善は更年期にも有効!
  3. オススメの対策法はリラックス!ストレスを出来るだけ減らしましょう。

冷え性と更年期について、以上がまとめになります。

更年期障害はなかなか改善が難しいもの。

なってから慌てて対策をしても、劇的な効果は得られません。

冷え性の人は今がチャンスです!

冷えを改善するようにがんばることで、

後々の更年期の症状にまで影響が…。

将来の不安を減らすためにも、今から冷え対策、始めてみませんか?

何となく不調を感じるなら、WHOの薬用植物辞典にも掲載され、今最も大注目のハーブセンシニティカプセルをおすすめします。