冷え性

【アラフォー女性向け】疲れやすい身体は鉄分が本当に不足!? 貧血気味の女性が教える、鉄分摂取方法!

疲れやすい身体は鉄分が足りない!?

貧血気味の私が教える、鉄分の重要性!

C:\Users\masato\すみよ\file\イラストや\hinketsu.png

 

疲れがたまると、本当に嫌ですよね。

やる気も起きないし、心も沈んでしまいます。

なんとかして疲れを取り払おうと、いろいろ考えます。

「だがしかし、どうしても疲れが取れない…。

これってなんで?努力してるのに…。」

こんな方、けっこう多いと思います。

しっかり休養を取っているのに、疲れが取れないのは、

何かしら原因があるはずです。

今回は貧血気味の私が実際に感じた、

鉄分の重要性について考えていこうと思います!

鉄分を摂って、疲れにくい身体を手に入れましょう!

鉄分ってどんなもの?

C:\Users\masato\すみよ\file\イラストや\medical_ketsueki.png

まず、「鉄分」というと何が思い浮かびますか?

多くの人が、「貧血」!!と答えるのではないでしょうか?

鉄分不足と言えば貧血!

つまり鉄分は血液の素となる、

大切な成分なのです。

 

成人の体内にある鉄分のうち、

60~70パーセントは赤血球のヘモグロビンの材料となります。

ヘモグロビンは血液中の赤い色素成分であり、血液を通して、

身体の隅々に酸素を運ぶという役割を担っています。

 

残りは肝臓などで貯蔵されて、足りなくなった時に使われます。

しかし、この鉄分までもが足りなくなってしまったら…!

体内のヘモグロビンが減少してしまい、これが、貧血の原因に!

ヘモグロビンが少なくなれば、当然運ばれる酸素の量も少なくなります。

身体の中が酸欠状態になってしまうというわけです!

これは、大変!!

「だって、酸欠って苦しいですよね?

一生懸命プールで泳いだ後の、あの状態ですよ!」

それがごくごく普通の状態で起こる、という…。

つまり、鉄分が不足することで酸素が足りなくなり、

身体中が息苦しい状態となるわけです。

血液が疲労物質も運んでくれて、分解するのですから、

それがスムーズに行われなければ、

そりゃあ疲れやすくもなります。

 

貧血は鉄分不足のサイン

私は、実は数値としてはギリギリ貧血症にならない、

という微妙なラインです。

いつも健康診断では、注意してほしいものの、

大丈夫でしょう、という結果。

しかし、低血圧ということもあってか、

立ちくらみやめまいをよく経験していました。

 

ずっと座っていて、急に立ち上がる時はたいてい。

「でも、数値に異常がないんだから、大丈夫でしょう~♪」

と、軽く考えていました。

「でも!ダメなんです!!数値にとらわれてはいけない!!

だって、実際クラットしてるんですから!」

私はこれを無視していたために、

ある日電車のホームでパッタリと倒れました…。

 

病院で診てもらったり、健康診断の結果などで、

数値を参考にするのは良いです。

でも、自分の身体は自分が1番良く分かるもの!

数値に惑わされず、症状が出るようならば気をつけなければいけません。

実際、私はその後病院で診てもらっても数値は変わらずでした。

つまり、そのくらいの数値でも、

私は貧血になる可能性があるということですね。

「身をもって実感しました…。」

貧血気味ならば、鉄分が足りていない証拠。

日々の取れない疲れや、冷え性もそこに原因があるのかも。

そんなわけで、鉄分の吸収についても気をつけようと思ったのです。

鉄分を効果的に摂るには!

C:\Users\masato\すみよ\file\イラストや\food_eiyou3_tanpakushitsu.png

鉄分には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」とがあり、

「ヘム鉄」のほうが体内での吸収率は高くなります。

一般的に肉や魚など、動物性の食品に含まれるのが「ヘム鉄」、

野菜等の植物性の食品に含まれるのが「非ヘム鉄」です。

思えば、大人になってから、動物性の食事、少なかったかもしれません…。

「お肉は気持ち程度しか食べず、野菜が多め。

でもそれって健康的だと思ってました!」

今更ながら、タンパク質の重要性を再確認したわけです。

積極的に肉、魚を食事に取り入れるように!

サプリメント、も考えましたが、

まずは動物性の食事が少なかったので、

そこを改善してから考えることにしました。

鉄分はたくさん摂取したからといって、

吸収が高まるわけではないことも知ったので、

毎日バランス良く…。

朝食で卵を食べたり、お昼をお弁当にして、お肉を入れたり…。

「特にお昼を変えたのは良かったかも!」

それまでは、「おにぎりとサラダ~♪

で済ませてしまうことも多かったので。

昼間のうちにタンパク質をしっかりと摂れるように考えました。

この後、実際の数値に違いがあったのかは分かりませんが、

「実感としては効果がありました!」

「日中職場で、立ちくらみを感じることが激減しました!」

バランスのとれた食事って本当に効果的ですよね…!!

身体が、息をしている、そんな感じがあります。

食事と同時に、酸素が十分身体に行き渡るよう、

呼吸を深くしたり、ストレッチを始めたのも良かったのかも。

 

今でも、日々気をつけて、鉄分の摂取に励んでいます。

あと、鉄分はお茶やコーヒーに含まれるタンニンによって

吸収が悪くなるとか!

食事の時には水か麦茶にして、吸収を妨げないようにしてますよ。

まとめ

  1. 鉄分の働きを知ろう。鉄分不足で身体が酸欠状態に!
  2. 軽い貧血症状は鉄分不足のサイン!早目に対策を!
  3. 効率よく鉄分を摂取して、疲れのない快適な日々をゲット!

以上が鉄分と疲れやすさについてのまとめです。

実際に鉄分不足は、身をもって知ることが出来ました。

鉄分不足を改善しようとして感じたことは、

健康って1つのことだけではなく、

いろいろとつながっているんだなあ、ということ。

鉄分を補おうと思ったら、自然と食事のバランスも整い、

おそらく他の栄養バランスも良くなっています。

最初のきっかけは何でも、最後には、

総合的に健康な身体へとたどり着くんですね。

これからも毎日、鉄分の摂取を続けていきます!

何となく不調を感じるなら、WHOの薬用植物辞典にも掲載され、今最も大注目のハーブセンシニティカプセルをおすすめします。